概要

WordPressでの管理がそろそろ辛くなってきたため、 Hugo に移行してみました。

従来のページも残してあります。

Hugoとは?

Hugoは、Go言語で書かれた静的サイトジェネレーターです。

LAMP環境で動作するWordpressと違い、マークダウンファイルとテンプレートからhtml/javascript/cssを書き出してくれるだけのツールなので、書き出されたファイルをCDNに載せるだけで手軽に管理できます。

他の静的サイトジェネレーターと比べてもビルドが早いのが特徴です。

要約するとエンジニア向けにめっちゃダイエットした ホームページビルダー といったイメージ。

移行してよかったこと

早い&美味い&安い

Amazont EC2のt2.nanoからAmazon S3に載せ替えたため、見違えるほど動作速度が早くなりました。

それに伴い、価格も大幅に下がり、可用性も上がったためサーバーが落ちる悪夢に苛まれることも無くなりました。

MarkDownで書けるようになった

地味に嬉しいのがコレ。

WordPressでもプラグインを入れればMarkDownが使えたりもしますが、公式なサポートによってサクサク書いていけるのは快適です。

また、VisualStudio Codeなどの自分の好きなエディタが使えるのも良さ。

Gitで管理できるようになった

ブログをGitで管理するのは新感覚で大変良いです。

デメリット

スマートフォンから更新できなくなった

スマートフォンから更新できなくなりました。

自前でシステムを構築すればできなくもなさそうですが、面倒なのと、運用費の削減が主な目的だったため、それについては見送ろうと思います。

追記

@k_yokomiさんより Githubのmasterにマージしたらdeployするようにすれば、Githubのwebブラウザで編集して更新できる👼 との指摘をいただきました!

WordPressにあった豊富なプラグインが無い

WordPressではSEO対策するにも広告を貼るにもプラグインを入れるだけでしたが、Hugoには存在しないため自分でHTMLをいじる必要があります。

結果

メリットデメリットはありますが、体が軽くなった感じがします🙆🙆🙆